スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告
-    -

 ルノー メガーヌ RS

ヨーロッパ製のハッチバックといえばコンパクトなボディにパワフルなエンジン、というのが定石だと思いますがその中でもスポーツ仕様のルノーメガーヌRSが日本を試乗のために巡回しているので近所のディーラーで友人のM氏と試乗してきました。V6 2ℓターボエンジン(220馬力)、6速MT左ハンドル仕様でブレーキはブレンボ、ペダルとフットレストはアルミ製でかなりチキチキマシーンの香りがします。
さて本題に入りましょう。まずはシートの感触ですが、スパルタンなパッケージのわりには座り心地は柔らか。勿論一般的な日本車よりは固めだと思います。次にブレーキを試してみると軽く踏んだだけでもガツンと止まる感じで効きかたにほとんど幅がありません。フルブレーキかノーブレーキかの二択を迫られているようですが、時速200キロ以上で走っているときに安全で確実に止まるにはこの程度が必要なのかもしれませんね。フルブレーキに近いところでタイヤをロックさせるかさせないかというところを微妙にコントロールできるんでしょう、きっと。このブレーキには慣れるのに小一時間はかかると思います。ハンドルには吸い着くよう感触はなくサラサラした感じです。いい具合に滑るので右折後にゆっくりとハンドルを戻すのはやりやすいです。シフトレバーは非常に短いので短い径でシフトチェンジできますし、1速から2速に入りやすい設計にしてあるので非常に変速しやすい。ステアリングもシフトレバーも縫い糸が暗いオレンジでスパルタンさの中にも遊びの感覚があります。同時にこの色はシートベルトの色でもあります。
走り出すと1速は簡単にレッドゾーン付近まで回ってしまいます。レッドゾーンは8000回転ですが簡単に6000数百までいってしまいます。なんでも2000回転から最高トルクの90%が出るということなので2速でのろのろ運転の状態からフルアクセルにしてもノッキングせずにレッドゾーンまで楽しく加速Gを感じることが出来ます。私の前に乗ったお客さんは路上がウェットだったこともありますが発進でホイルスピンさせまくって楽しんでいたそうです。もっともホイルスピンしてもトラクションコントロールが付いているのでスピンする事はないそうです。ちょっと残念ですねー(笑)。2速を踏み込んだところで70キロを超えてしまうので市街地では3速でアクセルオフという状態が続きます。これがちょっともどかしかったですね。足周りは家で乗っているBMWのE36と同程度の硬さだと思います。工事現場の路上にフタをしてある鉄板のすべり止めの模様の振動なんかもステアリングに伝わってきて面白いですね。とにかくドカンと加速してガツンと止まる、という車だという印象を受けました。値段は約380万円。うーん、箱根の山道で楽しかったら将来買うかも・・・。
20050116000509.jpg

(ルノー公式サイトより)
00:07 | これはオススメ
comment(1)     trackback(2)
comments
こちらでははじめまして。
私も少し前に展示してあるオレンジのRSを見たんですが実物は写真よりずっとよかったですね。
写真だとなんだが古臭い感じでしたが、実物には近未来的な印象を持ちました。内装はメータとシートのステッチが印象に残ってます。
試乗ができなかったのが残念です。
2005/01/16 02:01 | | edit posted by Barchetta
comment posting














 

trackback URL
http://tfukit.blog2.fc2.com/tb.php/8-499672a3
trackback
000(km)6速マニュアル装備備考 初年度登録日車検満了日修復歴・箇所平成16年9月平成19年9月修復歴 無お問い合わせ先株式会社ル・パルナス・渋谷・03-3416-8547
| ルノーを攻める | 2007.08.26 15:54 |
この値段でフランス車のシートの良さと走りが味わえるなら安いしお薦めだと思います。・・ ルノーメガーヌ・ルノースポール・ルノー メガーヌをマイナーチェンジ。しかし・・・・[rFactor]外人とルノーメガーヌレース・ルノー メガーヌ RS・ルノー メガーヌ・ルノーのバイ
| ルノーのレス | 2007.09.12 15:14 |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。