スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告
-    -

 私はトム少佐*

まずい飯ほど人生を暗くするものはない。

今私は携帯電話の設計チームで働いている。
その設計部は工場の敷地内にあり、食事は社員食堂でとる。都心から電車で一時間弱。周りは住宅地。逃げ場がない。

敷地内には第一と第二食堂がある。第一食堂は豚小屋のようなプレファブ物件で、出てくるのは犬でも却下しそうな代物である。飲料水は市民プール風仕立て。緑茶は最高級の農薬の味がする。同僚がたまたま誕生日だった日があったので一番マシなカレーをおごったら「まずい、もうだめだ」とギブアップされてしまった。

改善アンケートが貼ってある。要望に「マヨネーズにタマゴを混ぜたものを用意してください」とある。なるほど、コレをかければなんでも食えそうだ。

第二食堂は別の同僚に連れて行ってもらって存在を知った。第一食堂より女性客が多い。これは期待できそうだ。入り口のところには蛍光灯に混じって白熱灯が点灯している。温かみのある光を敷地内で初めて見た。

味は第一食堂をブタのエサとすると、こちらは宇宙食と言ったところか。ここは他に食べるところが無いから宇宙船の中みたいなもんだ。それでも週一回くらいは美味しいものが出る。昨日食べたねぎとろ丼はちゃんと酢飯になってて感動した。

食堂の隅に別室が見える。入っていくのは女の子ばかりだ。覗いて見るとそこは喫茶室でマルセルブロイヤーのコピーみたいな椅子と島式(長テーブルじゃないって意味)のテーブルで少し窓からの眺めもいい。やはり困ったときは女の子について行けばマシなところに辿り着ける。若い男のあとについていくと大抵収容所みたいなところ行きついてしまうのだ。

トム少佐* …アポロ月面着陸の中継の際の英国BBCのテーマソングの主人公。地球には戻らずそのまま旅にでてしまう。デビッドボウイ作。
02:15 | グルメ
comment(2)     trackback(0)
comments
色々と会社を移っていますが
どの会社でも殆どの人がコンビニ弁当とか食べてますね。
外食するにもファミレス等のチェーン店が大好き・・・
あんなプラモデルみたいなメニューの何処が良いのか全くワカラナイ。
新人の私が店を開拓して教える事が殆どです。
信じられません。

別に高級な物を食べようとは思いませんが
最低限、まともに気遣いある手作りの物が食べたい。
2006/01/21 21:09 | | edit posted by ヒッピー
食べ物にかんしてはOLやおばちゃんにはかなわないですね。

「合成ラーメン」が実用化される日も近いですよ。
2006/01/22 03:00 | | edit posted by EdoFunk
comment posting














 

trackback URL
http://tfukit.blog2.fc2.com/tb.php/53-6155453d
trackback
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。