スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告
-    -

 関西レポート 神戸・飛田篇

引き続き関西レポート。

旅行二日目は神戸と飛田の「鯛よし百番」に行った。百番はもともと大正初期に建てられた遊郭をそのまま料理屋に流用したもので、建築に興味のある人がよく行く店。大正時代のキッチュが拝めます。

まずは神戸…といっても特に特筆すべきところはなく、古い友人と居留地界隈をうろついてその後相楽園、大工道具博物館と廻り異人館通りを通って三宮に戻るというルート。ただひとつだけ恐るべきものを発見した。それは地番の看板。
IMG_1450.jpg


シンプルな構成ながら曲げ鉄筋による地番表示とは恐れいった。ヨーロッパ旅行の際もサイン計画にはかなり目を光らせていたがこれより美しいものはみた記憶がない。

日も暮れてきたので一路大阪へ。


IMG_1453.jpg

IMG_1454.jpg

IMG_1460.jpg

鯛よし百番の玄関をくぐると左手に遊女を陳列するひな壇がある。いまは使われていない。で、(本来なら)そこで好きな女性を選びロビーに行くと左手に東照宮、右手に丸太橋。ロビーからは中庭が見える。中には巨大な岩石が二つある。これらは何と、一方は男根、もう一方は女陰の形ををしているのだ。男根のほうはまぁちょっとあてつけっぽいというかその辺の石っぽいが、さすがに女陰のほうはかなりリアルで気合の入れ方が違う。石の一番わかりやすいアングルがガラス越しになってしまうのでうまく写真に収められなかった。悔しい。料理のほうは至って普通で可もなく不可もなくといったところ。地方の旅館ででるような懐かしい味かもしれない。照明に蛍光灯が使われていたのが残念だった。ランプとか、ロウソクだと当時の雰囲気がでたのにな。

IMG_1452.jpg

IMG_1461.jpg


上の写真は廊下の様子。一部屋ごとに違うデザインがされている。いやはやすごい。

帰り道は飛田なので周りは花街である。いわゆる風俗店のような店は一店もなくどぎつい看板もない。どれも和風建築で玄関が唐破風に統一されている。でそのなかに客引きの婆さんと遊女が鎮座して「お兄ちゃん寄ってって~」と声をかけてくる。かなり風情のある光景だが、人通りはゼロ。ちょっと怖くなって友人と足早に駅に向かった。

ここは大阪の西成区だ。行きも通った商店街を駅に向かって歩いている。行きで通ったときは午後6時前だったが半分近くシャッターが下りていた。通りは薄暗い。
中が真っ暗で見えないゲームセンターがある。ファミコン時代のピコピコした電子音が聞こえてきた。多分83年ごろのゲームだと思う。さらに行くとカウンター席だけの飲み屋からカラオケの歌が聞こえてきた。中をちらっと覗くと何と行きのときと同じ人がまだ歌っていた。あれから3時間近く歌っている。歌は安全地帯の「ワインレッドの心」だった。なんだか胸に重たいお土産をもらって私は帰路についたのだった。


23:07 | 日記
comment(2)     trackback(0)
comments
>看板
数字と漢字が美しい。

>鯛よし百番
必要以上に濃いね・・・
恐怖・・・
大正ならではかも。
2005/10/27 01:04 | | edit posted by ヒッピー
鯛よしはね、
昔のヤンキースタイルなんですかね。

デコトラとか珍走団スタイルに通じるものがあるように感じました。
2005/10/27 23:04 | | edit posted by EdoFunk
comment posting














 

trackback URL
http://tfukit.blog2.fc2.com/tb.php/36-7743c7d1
trackback
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。