スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告
-    -

 若い男は。

今日は社会人生活第二幕のスタート日。

真新しいオフィス、無機質なエレベーターの電子音。
強力な目力アップメイクでまるでサイボーグのような受付嬢達(結構好みです)。つくりこまれた会社案内ビデオ。大企業特有の演出が随所に施され、広告代理店やら各種コンサルタントの成果物のフルコース。なるほど、企業を演出するというのはこういうことか。

昼休みに食べ物屋を探していたところカジュアルなビストロを発見したので一人で突入。
900円台でスープと前菜、そしてメインは肉と魚から選べる。都心部ながらがんばっている。

しかしこのような店に入っているのは20代の若い女性と年配の男性のみなのだ。いつも思うのだが、同じ年齢だといつも女性のほうが男性よりもグルメでおしゃれで美的センスにも長けている。他に趣味があるからなのかもしれないが、自分も含めて若い男は女性に比べて野暮ったく垢抜けない、非文化的存在であるなあとは思う。

若い男が同年代の女性と肩を並べられるくらいになれば、この国はもっと面白くなりそうなのにと、ちょっとまずめのコーヒーを飲みながら思った。
01:37 | これはオススメ
comment(4)     trackback(0)
comments
”サイボーグのような受付嬢”
見てるぶんには私も嫌いじゃないです。(笑)

でも、日本の若い女性って
自分を隠して「架空の誰か」に
成ろうとしてる人が凄く多い気が・・・。
あなたは誰?
何だか不思議です。
ナチュラルに美しさが滲み出る人が好き。
2005/10/18 23:43 | | edit posted by ヒッピー
日本の男は出来るだけ「誰か」に
成らないようにしてる気もします。
逆の意味で、あなたは誰?
不思議です。
2005/10/19 23:26 | | edit posted by ヒッピー
「架空の誰か」。
含みのある発言ですね~

何かと一体化したがるのはやはり
日本が旧枢軸国だから(意味不明&笑)?

男女に限らずせっかく美しい顔や肉体を持ちながらも「○○系」色が強すぎてそれが本人の素の魅力をそいでしまっているなというのはよくありますよね。

しかしながら「素」を前面に出すというのは衣装が本人を喰ってしまわないように抑制させつつ調和させるという高度なファッションメソッドという考え方もできるので、難しいところですね。

あ、でもヒッピーさんのニュアンスでいくとあまりメディアに侵食されてない人がいいよってことなのかも。
2005/10/19 23:46 | | edit posted by EdoFunk
メディアに侵食されてない人と言うか、
メディアに振り回されてない人は魅力的だね。
選ぶ能力を持っている人。
メディアも利用しながら好き生きていける人。
私自身もそう在りたいと思う。

メディアと全く無縁の人もチョットね・・・
私もメディア自体は良い悪いを含めて大好きなもので。
2005/10/20 22:56 | | edit posted by ヒッピー
comment posting














 

trackback URL
http://tfukit.blog2.fc2.com/tb.php/34-785c7030
trackback
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。