スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告
-    -

 21世紀に田園都市は存在するか

 つくばエクスプレス(以下TX)が開通した。
アキバから45分で研究学園都市に連れて行ってくれる。沿線では宅地分譲が始まり、「つくばスタイル」などという触れ込みで売り出している。緑豊かな田園都市の建売で送られる小奇麗な生活・・といったところかと思いきや、今回はちょっと違うようだ。この21世紀の田園都市生活は筑波に多く残る古民家を改装して住むというスタイルを提案している。芸術家が筑波山麓に移り住んでそこに古民家を改装したアトリエ兼住宅を・・・というパターン。私もいつかはカンツリージェンツルマンになりたい男なのでちょっといいなあと思った。

 田園都市は日本では100年前に関西で阪急電鉄がイギリスから取り入れた概念だ。都心ではなく郊外にゆったりとした緑豊かな住宅地を整備し、近代的な交通機関で通勤するというものだ。関西では東京と違い都心部には閑静な住宅地というものがほとんどない。それだけ郊外化が徹底されているのだ。都心のターミナル駅に百貨店、郊外に遊園地と住宅地と学校を設置して利用客を確保するスタイルもこのころ始まった。阪神間の住宅地は日本で一番美しく豊かな住宅街である思うが、近頃残念な話を耳にした。阪急梅田駅の旧改札口のドーム(伊東忠太)とその頭上の阪急百貨店が取り壊されるというのだ。阪急百貨店の建物は近代郊外生活のシンボルである。これを取り壊すとは、三信ビル解体とともに今年最も私を落ち込ませるニュースであった。今や郊外の邸宅は分譲マンションとなり、豊かな田園都市などというものはすでに崩壊しているのかもしれない。先日東京の常盤台を歩いたが見るも無残な姿であった。分譲当時の家は一軒しか残っておらず他はほとんど全て樹脂パネルを張り合わせた安っぽい家に置き換わっていた。一軒だけ残ったその戦前の建物は和洋折衷様式の家で玄関脇に円弧状に張り出した応接間のある美しい建物だ。きっとこの住宅地は60年前は輝いていたに違いない。

 もはや虫の息とも思われる郊外田園都市生活。モダーンは死に、古民家がそれにとって代わるのか。この久々の郊外電車開通(地下鉄を除けば数十年ぶりではないだろうか)で郊外がどうなるのかとても興味がある。むしろTX沿線に試しに住んで見たい気もする。
02:35 | 蘊蓄
comment(3)     trackback(0)
comments
あれは、深谷たかしという家の選挙区の自民党の人が作ったみたい。

そのせいかは知らんけど、今回久しぶりに当選していました。

今度はまた違う地下鉄を浅草と南千住の間に通したいと言ってたぞ!最後の夢みたいな感じで。俺としては浅草と池袋を直通で繋いで欲しい。途中に巣鴨辺りを通ってね。
2005/09/16 12:43 | | edit posted by mazz
TX沿線は確かに今後注目だね。
今の所、本当になーんにも無いし
「イバラキ」という事で皆、
一歩引いて観てる感じかな?
今後の発展は確実だと思うので
家買うなら今のうちだね。
私も注目してます。
でも「イバラキ」って平らだから
景色的には面白みに欠けますよ。
「群馬エクスプレス」作ってくれれば良いなぁ・・・

友人が筑波大の講師になったので
先日、「つくば」に遊びにいきました。(TX 開通直前)
近所の公立小学校は「研究員の子供達」だらけなので
超エリート学校になってるそうです。
地元の子供との学力差が余りに激しく、
引越しする地元民も多いらしい言っていました。
赤ん坊を連れてたらオバチャンが話しかけて来たそうです。

何だかスゴイ話し・・・

P.S.
家は公務員住宅なので家賃激安。
広めの4DKで¥17,000!!!
駐車場¥3,000!!!
2005/09/17 14:15 | | edit posted by イバラキ・パンデイロ
賢い子が増えすぎて住む土地を追われるなんて、なんか侵略しているみたいですね。私の子孫はきっと侵略者にはならないはず(笑)
2005/09/21 00:12 | | edit posted by EdoFunk
comment posting














 

trackback URL
http://tfukit.blog2.fc2.com/tb.php/26-7ae24d5f
trackback
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。