スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告
-    -

 円パワー炸裂中!

…ついにこのときがやってきた。
日本円復活の日である。

今日時点での為替レートは、
1ユーロ120円、1ポンド133円。
わずか1年数ヶ月前、ユーロは160円でポンドは250円(!)であった。

この数年というもの、
ゼロ金利政策による円安で、製造業の業績は回復、
給料は5%くらいは上がった。
しかし、輸入品が30%~50%も値上がりしてしまい、
欲しい服を買うのが困難になってしまっていた。
円安で得をするのはグローバル輸出企業ばかりで、
生活者に好景気の実感が無かったという、まさに典型例であった。

そこへ今回のポンド安。1年半で約半額の大暴落である。
しかし、もともとポンドが高すぎたと思う。

2003年にロンドンを旅行したとき、
サイゼリヤみたいなパスタが8ポンドもしててげんなりした。
当時の日本円にして1500円という価格である。
近年では地下鉄の初乗りが600円になるというニュースで話題にもなった。
しかし、彼らの初任給は我々の倍である。1500円のパスタを彼らは易々と平らげる。
したがって通貨であるポンドが高すぎたのだ。

現在、ロンドンにはヨーロッパ大陸から買い物客が押し寄せているという。
僕自身もその一群に混じって、参戦してきた。
…もちろん、インターネット経由である。

日本の定価が6万円のコートなら、2万5千円…。
自分のサイズは小さいので、
ボーイズサイズで1万ちょっとのを注文した。
しかも送料無料であった!大英帝国最高。
もし、今収入があって年末にボーナスなど出ていようものなら、
やばいことになっていた。

お小遣いのある人は、イギリスのネット通販に初詣に行くことをお薦めします!

Barbour Classic Beaufort - A830 Olive 5
6万が2万5千円!ヨーロッパ戦線が熱い





01:44 | レポート
comment(0)     trackback(0)
comments
comment posting














 

trackback URL
http://tfukit.blog2.fc2.com/tb.php/116-81c6c4a2
trackback
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。