スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告
-    -

 デイビッドソンに門前払いをくらう

P1000005.jpg
脚が伸びきって格好悪い…(ナイトロッド)
p02_2_photo07_l.jpg
長すぎる脚を折り曲げて乗るのが格好よさそう(写真はカカクコムのもの)


せっかく大型二輪の免許を取ったので、
大型二輪バイクの象徴的存在であるハーレーの試乗会に行ってきました。

乗ったのはスポーツスターの1200と、ナイトロッド。

最初に乗ったスポーツスターは、
低回転のトルクが強くモリモリ押し出す加速がすごく楽しい。
乗車姿勢も定番の殿様ポジションで楽ちんであった。
重心が低いので取り回しも簡単で、身長150センチ代の女性でも乗れそうだ。
エンジンサウンドもドコドコと心地よく、よく調律されている。
ノーマルだけどなかなか骨のある音だと感じた。
カーブはさすがに曲がりにくかったです。
信号で停車するたびに気持ちのいいドコドコ加速が楽しめるので、
赤信号に当たってもいやな気分にならない。
公道という環境をポジティブにとらえることが出来る、良いバイクだと思った。

続いてフラッグシップのナイトロッド(約1250cc)(写真)。
低い車高、前後にワイドに広がった車体は、
サイバーな未来的デザインでまとめられており、見るからに風格がある。
このバイクには上半身を前にかがめながらも、
足を前に放り出すという独特の乗車姿勢が要求される。
またがってみると通常の姿勢で足が伸びきってしまった。

身長165センチ(起床時)、アジア人の中でも短足である日本人の
平均的な脚の短さであるEdoFunkの脚は皮肉にも
このフラッグシップモデルに門前払いをくらってしまった。
まあ、格好悪いのを気にしなければ運転は簡単なのでとりあえず出走。

まず感じたのは加速の特性がスポーツスターと全然違うこと。
エンジンは高回転型のエンジンが搭載されていて、
低回転時のトルクはそんなに強くない。
そのおかげで、発進時のクラッチのつながりはマイルドになり、
スポーツスターより気楽に発進できる。
エンジンブレーキもマイルドなので、1速のまま走っていても
ギクシャクしないのには驚いた。
1速でなんと100キロも出るそうだ。

このバイクのエンジン音もかなりいい。
ドコドコという古典的なV型エンジンの音と振動に、
キュイーーーンという近代的なスポーツ車の音が共鳴して、
サイバーな雰囲気を醸し出している。
回転数に応じて共鳴音の周波数が変化し、実に心地良い音だ。
なんでもポルシェが開発にかかわったとか。
このサイバー具合はドイツ人の仕業かな?

ただし、交差点は曲がりにくい。リヤタイヤの幅が24センチもあるからだろう。
でも、このワイドタイヤが後ろからみるととびきり格好良いので許せてしまう。
北海道のように直線がずっと続く道をひたすら走り続けてみたいバイクである。
身長が180センチ以上あって、胴長でない人がこのバイクにまたがれば、
間違いなく映えると思う。乗る人を選ぶバイクだ。

スポンサーサイト
02:44 | レポート
comment(2)     trackback(0)

 円パワー炸裂中!

…ついにこのときがやってきた。
日本円復活の日である。

今日時点での為替レートは、
1ユーロ120円、1ポンド133円。
わずか1年数ヶ月前、ユーロは160円でポンドは250円(!)であった。

この数年というもの、
ゼロ金利政策による円安で、製造業の業績は回復、
給料は5%くらいは上がった。
しかし、輸入品が30%~50%も値上がりしてしまい、
欲しい服を買うのが困難になってしまっていた。
円安で得をするのはグローバル輸出企業ばかりで、
生活者に好景気の実感が無かったという、まさに典型例であった。

そこへ今回のポンド安。1年半で約半額の大暴落である。
しかし、もともとポンドが高すぎたと思う。

2003年にロンドンを旅行したとき、
サイゼリヤみたいなパスタが8ポンドもしててげんなりした。
当時の日本円にして1500円という価格である。
近年では地下鉄の初乗りが600円になるというニュースで話題にもなった。
しかし、彼らの初任給は我々の倍である。1500円のパスタを彼らは易々と平らげる。
したがって通貨であるポンドが高すぎたのだ。

現在、ロンドンにはヨーロッパ大陸から買い物客が押し寄せているという。
僕自身もその一群に混じって、参戦してきた。
…もちろん、インターネット経由である。

日本の定価が6万円のコートなら、2万5千円…。
自分のサイズは小さいので、
ボーイズサイズで1万ちょっとのを注文した。
しかも送料無料であった!大英帝国最高。
もし、今収入があって年末にボーナスなど出ていようものなら、
やばいことになっていた。

お小遣いのある人は、イギリスのネット通販に初詣に行くことをお薦めします!

Barbour Classic Beaufort - A830 Olive 5
6万が2万5千円!ヨーロッパ戦線が熱い





01:44 | レポート
comment(0)     trackback(0)
| HOME |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。