スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告
-    -

 テクノ歌手 中森明菜

春休みの自由研究として、「テクノ歌謡」の動画を探す事にした。
テクノ歌謡とは歌謡曲の歌手が、ぶっとんだ電子音に合わせて歌う曲のこと。
80年代前半に傑作が多いみたい。

同じ日本の歌でも、80年代と90年代の間には大きな断絶があるような気がする。
今聴くと80年代までの歌はガイコクの歌みたいだ。
どこの国というわけでもない。それは「旧日本」とでもいうべきものだ。
90年代以降はサウンド的にも洗練されて、伴奏が洋楽に近づいた。

いちばん良かったのは中森明菜。声、見た目、伴奏がバラバラ。
でもなんかいい。作曲は元YMOの細野晴臣だ。ドーナツ盤見つけたら買おうと思う。

ちなみに前回の記事を書いた後、岩崎宏美の「パンドラの小箱」と
郷ひろみの「比呂魅卿の犯罪」という2枚のLPを購入した。
前者は78年のディスコ歌謡、後者は83年坂本龍一プロデュースのテクノ歌謡である。
どっちもアクの強い名盤だ。興味がお聴かせしますので是非…




スポンサーサイト
22:50 | 音楽
comment(0)     trackback(0)

 昔のJポップ歌手は歌がうまいっ

80年代初頭のテクノ(風)歌謡曲の映像を探していたら、
岩崎宏美の動画に出くわした。

テレビ用のスタジオなのに、
レコード並みの見事な歌唱だ。
テクノのことを忘れて何度も聞いてしまった。
紅白で音を外しまくっている今の歌手に聴かせてやりたいもんだ。

当時19歳。バックはオーケストラの生演奏だ。
見た目は子供なのにドナ・サマー調の疾走感溢れるディスコサウンドに
声が負けていない。



00:27 | 音楽
comment(5)     trackback(0)
| HOME |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。