スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告
-    -

 「風」のブランディング


Epuron

 カンヌ国際広告フェスティバルの金獅子賞作品。

 主人公は「風」である。人間にとって邪魔な存在でしかない風が、電力会社との出会いで大変身…というストーリー。
 ヨーロッパには戯曲で「死」とか「風」とかそういったものを擬人化する伝統がある。このCMでもそのスタイルを踏襲しており、なかなか見事な演出だ。
 
 私が通っている大学院でのマーケティングの授業で、先週「ブランディング」というテーマの講義が行われた。その際、日本のCMがどうしても商品告知に陥りがちな理由が解説されたところだったので、なんだかヨーロッパがうらやましく思えた。
スポンサーサイト
02:37 | 蘊蓄
comment(2)     trackback(0)
| HOME |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。