スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告
-    -

 カレーの話

先週の土曜の夜、私と友人のIは神保町のインド料理店、「マンダラ」に居た。
Iは10数時間後に大阪の朝日放送で、「クイズアタック25」の予選を控えての会食である。

ここのカレーはマイルドさが売りで、食べやすいながらもコクのある深い味が人気だ。
インド特有のスパイシーな味に、日本人に受け入れられるように繊細な味わいがプラスされている。折衷カレーの理想と言えるだろう。厨房がガラス越しに見えて、インド人が美味しそうなナンを焼いている。

「日本のカレー」といえば、スーパーで手に入るのは固形ルゥとか、レトルトがほとんどだが、一回こういう店で食べるとそういったものは食べようとは思わなくなってしまった。カレーの定義は「香辛料を油と練ったもの」と何かの辞書であったが、固形ルゥは冷えた油の塊だ。古い油をもう一度熱で戻して食べていたなんて、ちょっと気持ち悪い。

同じ会社の先輩が、「インド人にお土産に「ボンカレー」を持っていったら、マジ切れされた」と言っていた。日本人で言えば、タイ米と缶詰の魚で握った寿司を持ってこられたような気分だったのかもしれない。

しかし一方で、パリのユースホステルに泊まったときに同室だったイギリス人は「日本のカレーはあれはあれでなかなか美味い」と言っていた。ロンドンに旅行したときのイギリス人はなかなか文化的に寛容な印象であったが、ここでも寛容さを発揮していたようである。ただし食に関して「神に見放された民族」を自負する人たちの意見ではあるが…。

2、3年前、イギリスで相次いでミシュランの星を取った店の話がニュースで報道されていた。2店舗あるがその2店舗はなんと向かい同士である。報道によると初めに星を取った店に審査員が来たときに店主が「向かいの店も美味しいよ」と薦めたらその店が次の年に三ツ星になったとかそんな話であった。

「マンダラ」をあとにするとき、レジの近くにS&Bのカレーが置かれていた。そこには「神田・マンダラのカレー」とある。店が開発に協力したとのことで、店主は「店と全く同じとはいきませんが、かなり深い味が出せました」とのこと。90年代までは大手のつくる物と言えば、「鉄人○○監修」というような客寄せくさい、実体の無いものがおおかったが、こういう裏道の実力店が大手企業と共同開発するようになるのは、とてもいい時代になってきたのではないだろうか。スーパーでも売ってるそうなので買ってみようと思う。

ちなみにIは翌日、見事に予選を突破した。カレーの効果かは知らないがおめでとう!


スポンサーサイト
02:09 | グルメ
comment(3)     trackback(0)

 バトン

珍しくバトンが回ってきたのでやってみよう。
自己分析のいい機会だ。

========================

Q1無条件でトキメク○○な人を3人

「無条件」ってのはファーストインパクトって意味かな?

①眼が綺麗で、でもちょっとこわもて気味な人。
②スラッとした足で颯爽と歩く人。
③声に艶がある人。

Q2無条件で嫌いな○○を3つ(ジャンルはどんなものでも)

①ネガティブな人。
②かつて美しい建物があったところにプアな新築物件を見たとき。
③電車から降りようとしている私を押しのけて乗り込もうとする愚民ども。

Q3無条件でお金をかけられる○○を5つ

①デザイン、美術、建築などに関する資料
②音楽
③スーツ廻り一式
④デート代
⑤食べ物

Q4無条件で好きな○○を3つ(どんなものでも‥)

①ジャガーEタイプ
②神保町
③自分でつくったカプチーノ

Q5無条件でバトンを受け取らせる5人。
egorhythm氏
マーズ氏
ヒッピー氏
今村氏
のぞみちゃん氏

========================

なんか周りがバトンだらけになってるので気が向いたら書いてね。

02:11 | 未分類
comment(3)     trackback(0)

 相模大野より撤退

相模原分室、引き払おうと思います。

今の部屋、職場まで1時間20分。
実家からだと1時間45分。帰りは中央トッカイで1時間半
余計なコスト、月6万円。

さらば、相模の国。東の西宮北口。
フレッシュネスバーガー、おいしゅうございました。
タワーレコード、ジャズファンクCDいっぱい買わして貰いました。
伊勢丹、用事がありませんでした。
ロマンスカー、400円しか払って無いのにみんなにVIP呼ばわりされました。

みんな良い思い出です。SGMFUNKはEDOFUNKに回帰いたします。
やるぞ!!
01:10 | 日記
comment(4)     trackback(0)

 痩せた

横っ腹に付いていた肉がいつの間にかなくなっていた。

仕事を始めて4キロは太っていたのでかなりプニプニしていたんだが…

フィットネスに通ったりしていたが結局一番効果があったのは「朝ダッシュ」。会社に遅刻しそうになって、電車に乗っているとき以外は全部ダッシュ。めちゃめちゃ痩せます。眠気も醒めます。で、晩御飯を早めに食べる。オススメですよ~
07:34 | 日記
comment(2)     trackback(0)

 チョコの季節

私の最大のライバル、それはOLたちだ。

彼女たちは美味しいものに詳しく、心地よい空間を探しあてる能力にたけ、着飾る事を楽しんでいる。ダイアリーの休日欄は早々に埋まり、国内海外を問わず買い物と観光とグルメを楽しむ。かなりステレオタイプな見方だが、同世代の男性と比べてみれば納得がいく。彼女達には若年男子にありがちな「本当にやりたいこと」を探しに旅にでたりするようなことは必要も無いはずである。毎日の生活そのものを楽しむ能力に長けているからだ。もっとも、右肩あがりの時代ではないので、そういう生き方をする方が得策であることを本能で感じ取っていると思われる。

そんな楽しい消費生活を提供してくれる代表格が伊勢丹である。そう、バレンタインの季節には「この時期限定」チョコがたくさん。その上、ベルギーのチョコ職人(本人)まで空輸したりするのである。客層は男性の為ではなく「自分用」に買いに来る女性が多いとテレビで放映されていた。確かにコンビニ弁当やらカップラーメンばかり食べているような男にそういう貴重なものを与えても「おいしい」という4文字が帰ってくるだけで、話の展開はそこで終わりそうな気配である。世の中格差格差と言うが、金銭的な格差よりも、趣味嗜好による格差、つまりコミュニケーションの格差のほうが深刻ではないだろうか。

私はこういうチョコを食べたいという思いもあるが、やはり贈答用なのでめったには買えない。高いチョコが美味しいのはあたりまえなので、ボリボリ食えて美味しいものがいい。私がよく食べるのは「コート・ドール」の「ノア・デ・ノア」。苦くてかじるとカカオの香りが口の中一杯に広がる。150グラムで安ければ350円くらいで買える。日本の板チョコは大抵50グラム100円なのでそれほど値段は違わないし、ベルギーからの輸送費を考えても安いと思う。カカオの含有率は確か60%弱だったと思うが、あまり高い数値だと粉っぽくて喉が渇く。だからこのくらいが適当だ。オダキューOXのような量販店でも売っているので是非挑戦してほしい。国産品なら森永の「カレ・ド・ショコラ」がいいと思う。初めて口にしたとき「ついに日本のチョコも欧米列強に肩を並べたか」と感じたほどだ。長野の友人宅に遊びに行ったとき、居間に放置しておいたところ翌日にはごっそりと減っていた。なかなかの食通一家で天晴れだと思ったものである。さらに今日買った、セブンイレブンのオリジナル「ベルギーショコラムース」は230円ながら、その辺のケーキ屋のものより美味しいと感じた。きっと食品メーカーの開発者は無理難題を押し付けられ夜も眠れぬ思いであったろうに。
noir.jpg

01:32 | 日記
comment(2)     trackback(0)
| HOME |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。