スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告
-    -

 江戸写真館 開館

ニューデジカメ、買っちゃいました。

さっそく実家近辺を徘徊。

000_0012f.jpg


色が変なマンション。いつも発色テストで撮影してます。
空中をパラシュートで降りてくるる人がいますね。

000_0009f.jpg


ズームアップ。このひといつまでたっても空中をうろうろしてるのでおかしいなと思ったら動力を積んでいました。ずうっと空中に漂っていました。なんていう遊びなんだろうか。やってみたい!

000_0016f.jpg


実家近辺は巨大再開発居住区。超人工的なところでかなりシュール。今日は飛行人間まで登場して敵なしですね!



スポンサーサイト
00:05 | 江戸写真館
comment(6)     trackback(0)

 LP売却とハマーとスバル360

レコードが増えすぎた。

CDとあわせて1000枚以上ある。本や雑誌は1500冊、ビデオテープが100本以上もたまってしまった。東京の実家と相模大野の家に分散させつつ数を減らす!

…ところが。売るレコードを選別→レコードに針を落とす→意外といい曲だった→ノリノリ☆…といういつものパターン。結局一枚一枚鑑賞してるだけじゃないか。

結局車には何も積み込まず相模原出発。高速で江戸川までひとっとび。実家の部屋には前の週に選別した40枚があるのでそれを搭載して今度は神保町に向け出発。途中現代美術館でイサムノグチ展を鑑賞。前代未聞の混みようだ。

神保町のディスクユニオンでレコードを査定。ブラックは結構いい値がついた。100円で買ったモータウンが240円で売れたり。6枚で1300円。ジャズも14枚で5000円以上だったかな。1000円以下で買っていたものも結構あるのでこれは助かった。しかーし!ロックが売れない。ロックは帯がないと需要がないとか。ブリティッシュロックもぜんぜんだめだ。結局売れたのはザ・フーのトミーだけだった。250円新品同様。イエスとかクリームとかムーディブルースとかは全くダメ。クリームは洋盤のほうが音がよさそうなので買いなおそうと思ったのになぁ。

合計6300円だったがCDを5枚買ってしまったので4000円の赤字でした。
まあ爆弾のようにすばらしいCDだったのでよしとしよう。

帰りに靖国通りを走行しているとなんと前方をハマー、後方をスバル360にはさまれながら走るという異常事態に。ルームミラー見すぎ。ハマーは後ろから見ると16対9のテレビが走ってるみたい。スバル360は紳士帽をかぶったお兄ちゃんが運転してました。おしゃれですねぇ。今日はまた相模大野に戻らなきゃいけないけど、楽しい一日でした。
22:17 | これはオススメ
comment(2)     trackback(0)

 幼少期のEdoFunk

EdoFunkはよく変わり者だと言われる。
自分では単にすき放題にやっているだけなんだが…。
血液型を聞かれてAB型だと答えると、「ぎゃはは!やっぱり!」と手を叩いて皆爆笑、という反応が100%。いったいいつからこういう人間だったのであろうか。

祖母に会いに行くと毎回必ず話題に上るエピソードがある。
当時2歳のEdoが扇風機の絵を描いてくれと祖母にせがむので、祖母が描いてみせるとEdoは不満そうな顔をし、「スイッチの部分がきちんと描かれていない」とダメ出しをしたというのだ。いやな2歳児である…。

4歳になると服にも興味を示し始めたようである。
母と半ズボンを買いに行った時のこと。母が腰の部分がゴム式になっているものを買おうとしたら、Edoが嫌がってジッパーフライのものを要求したというのである。ゴム製は格好わるかったのだろう。

物心ついて幼稚園の年長の時、ランドセルを買うことになったのだが、このときは普通にカタログをあつめて親に合皮と皮の違いを教えてもらったり、重さの表記を比べたりして、黒よりも格好よかったブルーのランドセルを選んだ。これは合皮でできていて皮製の3分の2程度の重さというのもあって、かなり納得の買い物であったのを今でもはっきり覚えている。


…という話を総合するとEdoFunkはほとんど生まれたときから即物的だったようです。もう少し大きくなってからのエピソードもあるけど、嫌われそうなんで自主規制しときます(笑)
22:31 | 日記
comment(5)     trackback(0)

 大人の遠足

本日は日本橋から日比谷にかけて、
街歩き会を行ってきました。

いつもは行かないルートを、いつもと違うメンツで、
いつもと違う場所に注目しつつ歩く。

すると街はいつもと違う姿となって我々のまえに現れてくる。
東京というところはルートと視点を変えるだけで全く別の街になる。
街を気分に合わせて編集してしまえ、というわけです。

気に入ってもらえたかなぁ。
散歩のあとはインド料理で夕食会。
雰囲気のいい店でしたね。
とっても美味しいのに、メインのカレーが出てくるときにはかなりお腹がふくれて…惜しい。

次にやるとしたら横浜ですね。需要があれば…
これから師走にかけては忙しい人が多そうなので、
年明け以降でしょうか。

今日参加してくれた皆さんはコメント欄に感想入れてもらえるとうれしいです。


00:54 | 日記
comment(3)     trackback(0)

 今週の3枚 その1

最近内容が日常における心情の吐露に寄ってきたので、
記事っぽいものを。お気に入りの3枚を不定期で挙げていきます。

daveZZZZZZZ.jpg


Detroit City Grooves / Dave Hamilton [JAZZ/FUNK]

これ、最高。
躍動感と切なさが一体となった哀愁ファンク。
インストです。ビブラフォンです。
秋の夜長にしんみりと心にしみるシティグルーヴ。


davidKO.01.LZZZZZZZ.jpg


The Edge / David Axelrod [JAZZ]

キャピトルレコードの60年代の名プロデューサー。
映画音楽風だったり、ちょっとサイケっぽかったり、ポップな曲もある。器用な方のようです。今のところアマゾンで試聴可。


woddenZZZZZ.jpg


LIVE / THE WOODEN GLASS featuring BILLY WOOTEN
(日本語表記 ザ・ウドゥン・グラス)[JAZZ]

こんな激しいビブラフォン聞いたことないです。火柱が見える。すごい。すごいぞ!これはちょっとロックとファンクの要素が入ってるので激しいうねりを体験したい方におすすめ。こんなのみつけてくるなんて、P-VINEは最高のレコード会社だなぁ。

01:11 | 音楽
comment(0)     trackback(0)

 デジカメ

デジカメを買いたい。

今使ってるのは3年前の2メガクラスなんだけど、当時はこれで十分、当分大丈夫だろうと思っていた。3メガ、4メガクラスが発売されたときも2メガよりノイズが増えたりしていて古いので良かったと思っていた。

…がしかし。最近ここのよくコメントをくださるヒッピー氏の画像を見ているうちに、なにか根本的に変革が起こっているのを感じたのだ。今年に入ってからの5メガ、6メガクラスのカメラはとびきり画像がクリアだ。

自分のカメラがフィルタをかましたような絵なのに対し、ヒッピー氏の画像はそのシャッターを切った瞬間に素子が読み取った情報が全く欠損なしで直にモニタ上に写しだされている感覚。モニタも近年デジタル接続が主流になってきていることを考えると、デジカメの素子とモニタの距離は驚くほどみじかいのかもしれない。


…などと購入の動機付けを必死に並べてみましたが。「KODAK V550Zoom」にしようと思います。色がいいなあ~
01:37 | 日記
comment(7)     trackback(0)

 ジェラート

この前の金曜日の出来事。
今日はリアルタイム形式で記述してみよう。

午後6時。
仕事も終わり、今は渋谷東急の地下の食品街にいる。
午後7時半に友人と浅草で食事の約束があるが、
空腹がひどいのでそれまでに何か食べたい。

ここにはジェラートの有名店「パリヤ」がある。
そうだ。これにしよう。

ジェラートのカウンターには毎度おなじみの行列。
7人は並んでいるなぁ。しかも女の子ばっかり。
まぁいつものことだ。私が好んで物を買いに行くような場所は、
大抵女性ばかりだ。こんなに美味しいものを何故男は食べないのだろうか。
ヨーロッパのショコラティエやジェラート職人は男が多いのに。
紳士たるもの、嗜好品を極めずして一流には成れないのである。

などと考えているうちやっと自分の番が来た。
3年ぶりに訪れたのでかなりラインナップが変わっている。
実は昔この店のスタンプカードがいっぱいになるほど食べて、
飽きてしまいこの店から遠ざかっていたのである。
以前はもっとシャーベットっぽいフルーツ系のあっさりしたものが中心だった。
今回はショコラリッチとかヴァニラリッチとか贅沢そうなものが増えているなぁ。
ショコラはちゃんとクーベルチュールを使用とあるし、
ヴァニラはマダガスカルかどこかのものを使ってるとある。

今回はヴァニラリッチにしよう。受け取って早速ぱく付く。
すると卵黄とヴァニラの強い絆が私の味覚に訴えかけてきた。
以前より味のレベルが上がったようだ。
数年以上もこの激戦区で生き残るだけのことはある。

ただ味としてはやはり六本木の「デル・ソーレ」のほうが美味しい。
世界コンテスト金賞受賞のジェラート職人の店なので、当然なんだけれども。

女の子10数名が柱から突き出たテーブルに向かって黙々とジェラートを堪能している。1人スーツ姿の私もそこに加わっているが浮いた感じもない。
私の肉体はそれほど男性的なデザインではないためであろう。

…と、その瞬間1人のおっさんが群れに近づいてきた。
おお、おじさん、同士よ!誇り高き勇敢なる中年よ!
近くにきたらこの同士に話かけてみよう。
しかし、なにか様子がが変だ。突然姿が見えなくなった。
おかしいなと近寄ってみると、そのおじさんはしゃがんで
その場にあったゴミ箱のゴミを回収している。
なんだ、清掃業者の人か。

結局男性がこの芳しい食べ物を食べる姿を今日は見ることがなかった。
汗臭い漢共がこの店に殺到する日がくれば、
その日は日本の近代化が完了する日であろう。




04:28 | グルメ
comment(0)     trackback(0)

 購入

er1103.jpeg

買ってしまった!
02:32 | これはオススメ
comment(6)     trackback(0)
| HOME |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。