スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告
-    -

 ピエール・マルコリーニ

ついにというか、とうとう、というか…行ってしまいました。ピエール・マルコリーニ。
チョコレート界の黒船。この銀座のビルはヨーロッパの中都市の旧市街にある建物のように間口が狭く、外壁もチョコレート色に塗装されており入る前から期待させられます。店員に声をかけて持ち帰りの行列(もう見飽きました)を横目に店内に案内されます。この店は店員の教育が行き届いており、メニューの多くはは季節外だったり、品切れだったりするんですが何故か腹が立ちません。学生時代にクラブでバーテンをしていたことがありますが、客と喧嘩になりそうになったこともあるので同じ接客業経験者として恥ずかしいばかりです。もっとも客層は全然違うんですが。

 さて店内に通されると間口の狭い店舗の奥のほうにこれまた幅の狭い階段があります。人同士がすれ違うのも困難なその寸法は、まさに私がアムステルダム旧市街のユースホステルで体験したベネルクス仕様そのものでありました。ただ、本物のベネルクス仕様は階段も建物も傾いています。オランダは干拓地、銀座は埋立地ですがこれは真似しなくてもいいですね。2階に上がるとテーブル席とカウンター席で構成された空間になっていました。この瞬間、ほんの十数秒間のベネルクス諸国への旅から我が母国日本への帰還を果たしました。…天井が低い。着席しないと頭上からの圧迫感を感じるこのミニマルな感覚は茶室を意識したわけではなさそうですが、着席すると、狭いながらも落ち着くことができました。メニューは閉店間際ということもありホットチョコとあともう一つしかありませんでした。オーダーが終わるとカウンターの中で女性の従業員が何かをこね回しています。どうやらかなり粘度がつよい飲み物のようです。しかもかなり体力を消耗する作業のようです。われわれのまえにその労力の結晶が出されたとき、カカオの心地よい香りとともにこね回した人のソウルが立ち上っているように感じられました。
 
 スプーンを差し込んでみるとかなりの粘度。これは飲料というよりはペーストです。ホットチョコといいますが市販の板チョコを溶かしてもここまでの粘度にはならないでしょう。軽く一さじ口に運んでみる…イタリアンジェラートのようにさらりと溶けて滑らかな舌触り…にはなりません。最後までしつこく舌に絡みつきます。そして口の中であのカカオの香りがずっと残ってくれます。食べるとも飲むともいえない感覚…水で口の中を潤しながら口に運んでいくさまはインドカレーの様でもあります。しかしながらデパ地下の国産品の贈答用チョコレートでは味わえない豊かな香りにはこの程度の粘度がふさわしいのかもしれません。あと、甘さの調節ができればな、とも思いました。私の場合もう少し甘みを抑えてカカオの香りそのものを楽しんでみたかったような気がします。しかしながら全体的に満足です。あの濃厚さで150mlを完食できたのは美味しさ以外の何物でもないでしょう。
 
そもそも一部の日本人チョコレート職人を除いて、国産品チョコレートのほとんどはEU内では「チョコレート」と表記して販売することができません。カカオの純度が低く、またカカオバターの代わりに植物油脂を使っているため、品質の最低基準を満たしていないからです。量産品で比べると輸入品のコートドールのタブレットなら、国産品の板チョコとグラムあたり1割か2割しか差がありません。送料を差し引けば輸入品のほうが安い計算になります。いままで高くて大して美味しくないものばかりが流通していたのですから輸入チョコレート屋だったり海外製板チョコに人が殺到するのは当然の事だと思います。ですから私はこれはブームでなく反動のように思います。30歳で独立し、40歳になったばかりのこの若い黒船を歓迎したいと思います。日本メーカーの巻き返しにも期待しましょう。

IMG_1390.jpg

(著者撮影)
スポンサーサイト
03:28 | グルメ
comment(0)     trackback(0)

 Win再インストール後一時間でスパイウェアに乗っ取られる

今日は珍しく日記を。先日、ルーターを経由せずモデム直結でのインターネット接続ができなくなった。サポートセンターに問い合わせたりLANドライバを入れなおしたりしても直らないのでOSが壊れているのかと思いOSをクリーンインストールしたのだが、それでもよくならないのでPCIのLANボード(Intel製で¥6000!)を買って付けてみたところうまくつながるようになった。早速セキュリティホールを埋めるべくWindows updateにつなぎファイルをダウンロード、しかし混んでいるようで速度があがらない。

そして友人とチャットしながらまったり待機していると事件は起こった。突然IEのツールバーの部分と下のタスクバーの部分が真っ黒になりIEが落ちる。これがブラクラというやつか?などと思いつつ念のため再起動…ん?様子が変だぞ。いきなりIEが起動し、たくましい男性たちが踊るゲイサイトにつながるではないか。そしてソフトのダウンロードウインドウが出る。そんなものインストールするものかとキャンセルをクリックすると、「イエスをクリックしろ(英語)」というウインドウが。これを消すとさっきのウインドウがまた出てくる。IEの終了ボタンを押しても落ちないしタスクマネージャで無理に落としてもすぐ起動してしまう。おまけにわけのわからないポップアップが沢山出てくる。ウイルスチェックにも引っかからないので、ADAwareでチェックすると219匹も虫が湧いておりました。しかしこのツールで削除しても「消せないものがあります」という表示が出るので、しかたなくADAwareと並んで有名なSpybotで診断すると「スパイウェアがメモリー上にあるので消せない、再起動時にスキャンしますか」と出る。再起動するとメモリー上の虫を何匹か殺したが絶滅にはいたらず。OSが起動するとやっぱりあのたくましい男性に逢いに行ってしまう!こうなったら意地だとセーフモードで立ち上げレジストリを直接いじろうとしたが、虫はセーフモードでも立ち上がっているらしく削除できない。有料の削除ツールの試用版を使ってみても効果なし。いくつか症状別の対策ツールもだめでした。ちなみに起動前に虫は残り一匹まで削除できるんですが起動するとすぐ数十匹に増えてます。すごい繁殖力ですね!要するにXPのSP1でネットに小一時間つないだだけでもう昇天してしまうんですね。変なサイトには全く行ってないし。時代は変わりました。

というわけで、結局OS再インストールをもう一度する羽目になりました。ここ一ヶ月で三回…データのバックアップも手馴れたものです。皆さんもOS再インストールの直後はくれぐれも気をつけましょう。フリーウェアのセキュリティツールを使ってる人はセットアップファイルをバックアップしておかなければなりませんね。
23:22 | 日記
comment(3)     trackback(0)

 とん太  もう他のとんかつ屋はいらない

 私にとって「とんかつはこういうものだ」という情報が人生20数年間に渡り蓄積されてきましたが、そのデータのほとんどが書き換えられてしまった店があります。高田馬場にあるこの店は町の定食屋の値段で達人の極みに達した味を堪能させてくれます。ですからエアコンの風が直接当たるからといって文句を言ってはいけません。そういう人は黙って座敷から降りてカウンターに移動しましょう。それにしてもこの店、安いし美味いのにランチタイムは空いています。「東京グルメ」のサイトでも平均点は4点台後半と極めてハイスコアで一般的評価も高いです。どうかなくなりませんように。さてメニューはランチの場合ロースとヒレがあります。どうせどちらも美味しいので初めての方は目を閉じてオーダーしても大丈夫です。そしてどうせリピーターになるのですから次回に残ったほうを注文すればいいのです。

 さて今回はヒレを注文しました。私たちには薬味に関していくつかの選択肢が与えられます。ゴマ、塩二種類(ギリシアの塩と安全なんとか塩)、そしてソース。ここでソースは除外したほうがいいでしょう。この店の繊細な味を食ってしまいます。まず何もつけずに食べてみることをお薦めします。極限まで軽く揚がった衣のサクサクという食感、新鮮な豚の香りをピュアに、そしてダイレクトに味覚と嗅覚に読み取らせましょう。そうすればおのずと何をつけて食べたらよいかわかってくるはずです。ゴマと塩、この配合のバランスをどうとるか、私にはまだ修行が必要のようです。いよいよランチも制覇したので次は夜に行きたいです。どうせ夜も美味しいでしょう。もう他にとんかつ屋を探す気になりません。

20050212042315.jpg

(著者撮影)
04:24 | グルメ
comment(2)     trackback(0)

 GeFORCE6800無印で博打に出る

PCでいつも使用しているレーシングシミュレーターの3D描画に不満が目立ってきたのでグラフィックカードを交換することにしました。今まではPentium4の2.4BGHzを2.7Gで、メモリはDDR333を380MHzで駆動し、GeFORCE5900XT(WINFAST A350XT TDH)を使っていました。特にグラフィックカード以外は2世代程度時を経ているので、ケースのふたを開けると年輪のように積み重なった埃が至るところで自己主張しておりおとなしくさせるには骨がおれそうです。3DMARK03のスコアは5200程度。これをGeFORCE6800(WINFAST A400 TDH)に交換し、RIVATUNERというソフトで16パイプライン化とオーバークロックを試みることにしました……つまり博打に出るということです。失敗して壊してしまったらどうすることもできなくなります。果たして効果はでるのか……!


結果

3DMARK03のスコアはまず定格動作で8,418、次に16パイプライン化&定格周波数で9,192、16パイプライン化&オーバークロックでなんと10,461。大台に乗りました……そうです、賭けに勝ったのです。まさか二昔もまえの中堅機で大台が拝めるとは思ってもみませんでした。WINFAST A350XT TDHはヤフオクで状態がよければ一万数千円台(2005年1月現在)で売ることができます。A400は32,000円程度ですから差し引きたった一万数千円の投資でベンチマークのスコアを倍にすることができたのです。もちろん全てのゲームでパフォーマンスが劇的によくなるわけではありませんし、危険性もあります。定格でも5900XTより70%もパワーアップしているのですから、これでも十分といえます。勝負士も堅実派も共に満足の名品ではないでしょうか。
23:23 | これはオススメ
comment(1)     trackback(0)

 Rembrandt 歯磨き

歯を削らずに歯が白くなる歯磨きがあるということなので使ってみました。オランダの画家の名前を冠したこの歯磨き、ヨーロッパ製かと思いきやアメリカ製です。レンブラントは大量に自画像を描いていますが、これは鏡で黄色くなった自分の歯をじっと見ている私たちに対する皮肉でしょうか。そんな皮肉にも負けず私は毎日念入りに歯を磨き続け、一週間経ちましたが確かに効果がありました。妹も同時に使い始めましたが、妹にもきちんと効果はありました。日ハムの新庄選手のような輝くような白ではなく、有機的で自然な白です。おそらく歯を出しても友達に「歯、白いね」といわれることはない白さ。でも清潔感がある色ですね。歯を白くしたいけど仰々しいのは嫌な人にお勧めです。説明書には「最低一日二回この歯磨きで磨いてください」とありますが、我が家では強力な電動ブラシを使用しているので、一日一回に制限しました。ホワイトニング用の歯磨きには「週に一回まで」といったものは沢山ありますがそういったものはおそらく研磨力が強すぎるのではないかと思います。レンブラントは研磨力が弱いので今のところ歯がしみたりしてくることはないです。ただ、加齢で歯が黄ばんでる場合や神経を抜いて黄色くなっている場合は効果がありません。いえ、効果はあるんですが他の歯のようには白くはなりません。神経を抜いた歯は「ウオーキングブリーチ」で白くするしかないでしょう。

20050202033523.jpg

ダイト(輸入元)公式サイトより
03:36 | これはオススメ
comment(0)     trackback(0)
| HOME |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。