スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告
-    -

 大型ライダー誕生

futa.jpg
ちょっとコルビュジェ風の二俣川試験場


「2回目で取る」と宣言したまま雲隠れしておりましたが、
ついに本日、大型二輪免許を取得しました。
なんと6回も挑戦する羽目になりました。
寒くなる前どころか、街ではクリスマスソングが流れています。

6回も受験した理由は、練習代をケチったからです。
練習代は三ツ境自動車学校なら1コマ50分で初回8800円(保険料がかかる)・2回目以降6600円。

受験前に三ツ境で一回習って、これはいけるぞと2回受験したら
緊張で全然上手く乗れませんでした。
そこで府中にある杉本バイク練習所(閉鎖予定)で4200円払って自由練習を40分行い、
苦手な低速域での安定性を高めました。つまり合計2回の練習しかしていません。
しかし、「そこそこ乗れている」というレベルでは、
初見のコースを何十回という安全確認をしながらキビキビと走り回るのは不可能でした。

結局、練習回数と合格までの受験回数はトレードオフの関係にあるような気がしました。
重要なのは必要経費の総額です。受験回数ではありません。
練習を4回やれば3回で合格できたかもしれません。しかし必要経費は大差ありません。
今回は合格までに39000円かかりましたが、
練習4回・受験3回の場合でも3万数千円かかってしまいます。
三ツ境で10回程度練習した人の平均が3回で合格らしいので、まあ御の字かもしれません。

都内で一番安い公認教習所だと77000円(中免所持)で免許が取れます。
都内の平均価格は10~12万程度なのを考えると、
試験場で取ったことで資金をかなり節約することができたと思います。

また、試験場のメリットとして、この上ない緊張感が味わえることがあげられます。
緊張の中で自分をどうコントロールするかというトレーニングは教習所ではできません。
この体験は自分にとって大きな財産になりました。

せっかく免許をとったものの、バイクを買うだけのお金がないので、
当分はディーラーを回って試乗車人生を歩みたいと思います。
四輪の話になりますが、先日ビルの一階に展示されているシトロエンの展示車を眺めていたら、
営業マンの人が「お乗りになりますか?」とすぐに地下の駐車場へ案内してくれ、
ピカピカのC5で青山の街を試乗させてくれました。
ドカティやハーレーのショップにも行きましたが、どこの店もとても対応が丁寧です。

不景気で自動車業界も大変そうな感じですが、
客が少ないということはそれだけ店の方とじっくり話すチャンスが増えるということです。これを機会に信頼できるショップを探したいと思います。




スポンサーサイト
02:47 | モーターサイクル
comment(6)     trackback(0)

 試験一回目

一回目とあるからには、御察しの通り結果は不合格です。

試験場で聞いた話による10回なんかザラで、
20回受けてる人もいるとか。
20回も試験を受けると受験料だけで10万円をこすので、
教習所で免許を買った方がいいような気もする…

それでは今朝の話を。
8時前に試験場に到着すると、コースにはもう何人もの受験者が徒歩でシミュレーションをしていた。
そこには前日に三ツ境自動車教習所で一緒に講習を受けたおじさんもいた。

自分のクルクルの髪型も含め、ちょっとこわもてっぽいお兄さんや、
東ヨーロッパ系の男性などバラエティに富む面々であった。
コースから本館の方をみるとギャラリーが2、30人もいる。

自分は7番手で1号車が割り当てられた。
2号車のひとは半クラッチの位置が浅すぎるようで、
苛立ちを隠しきれない様子の人も見受けられた。

自分が失格となったのはスラローム。パイロンを倒してしまった。
教習場で5分程度練習したら6秒台(規定は7秒)が出たので同じ調子で
アクセルとリアブレーキをガンガン使って行こうとした。
しかし、教習車に比べ試験車は整備が行き届いていて、
加速がはるかによかった。直線で何か気持ちいいなと思ったのだが、
気付かすにロデオ状態になってしまったのであった。

試験は即中止。しかし、操作自体にはなれてきたので次は完走できるかもしれない。
2回目でとるぞ!

15:58 | モーターサイクル
comment(2)     trackback(0)

 大型二輪試験の申し込みをしてきた

神奈川県の試験場に大型二輪試験の申し込みをしてきた。
申し込みをしたら技能試験の前に適性検査を受けないといけない。

適性検査は倒れたバイクを起こす、8の字に押して歩くことができるかの2点。
身体の大きな人が多くて、みんな軽々と扱っていたが、
いざ自分で起こしてみると結構重い。
マニュアルには「てこの原理を使って起こそう」などと書かれているが、
何度か練習しないとマスターできなさそう。

しかしよほどのへたくそでない限りバイクなんか滅多に倒さないし、
起こすのに慣れているという事実は運転が下手な証拠かもしれない。
バイクを倒すたびに傷がついて資産価値が低下してしまうし、
引き起こしはもっとも痛みを伴うトレーニングである。

試験日は明後日だ。明日1時限だけ教習所で講習を受けて臨む予定だ。
教習所に電話した際、現在に何に乗ってますかと聞かれ、
「CB125です」と答えると、いきなり大型ですかとため息をつかれた。
どうやら先は長そうだが…一発試験を受ける人の中には、
免許を取り消された人も多い。教習所を出て時間のたっている彼らが
合格率を押し下げていると推測されるから、気を取り直して行くか。
23:53 | モーターサイクル
comment(2)     trackback(0)

 大型二輪の免許を取るぞ

MBAコースも残すところあと半期。
単位は取り終えたので、
卒業までに今までとれなかった資格をとっておきたいところだ。

取りたい資格の一つ目は大型二輪免許。もう一つは2級電気工事士。
おおきなバイクでゆったりと遠乗りがしたいのと、
部屋の明かりに調光器をつけたり、コンセントを換えてオーディオの音質を高めたいから。

まずは寒くなる前に大型二輪をとってしまおう。
もちろん一発試験である。
教習所にお金を払うのはもったいないと思う。
実は僕はクルマの免許を取るのに教習所に行ってない。
教習所へ通ったのは10年前に普通二輪の免許を取ったときだけだ。

クルマの免許を取るときは元白バイの教官してた人に、
教習所よりも遙かに厳しい指導していただいて、
一発試験でも楽勝で合格することができた。

今までの戦績は、
普通自動車(AT) 1回目
同じく限定解除  2回目

だから今回も1回目で取れるといいが、
神奈川の試験場は日本でも有数の厳しさらしいので、
事前に簡単な講習を受けて行こうと思っている。

やるぞ!


15:44 | モーターサイクル
comment(2)     trackback(0)
| HOME |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。