スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告
-    -

 イケメンなご先祖様

先日、父方の祖父の家にお邪魔したときに、
ご先祖様の写真をみせてもらった。
もっとも古い物で明治22年(1889)と書いてある。
結構新しいもの好きだったようだ。

07192009226.jpg

上の写真は次郎吉さん。祖父の祖父。明治40年頃。
歌舞伎にも出たことがあるとか。
仕立てのいいコートの上にマントらしきものを羽織っている。
都会的なスタイルだ。

先祖は大阪の心斎橋に住んでいた。
戦前は大阪も東京に負けない繁栄ぶりだったが、
服装にも都市文化の繁栄ぶりがうかがえる。

上部が破れているのは、空襲のときに祖父が大事な写真だけはがして
持って逃げようとしたが、失敗したからだそうだ。

07192009228.jpg

源兵衛さん。祖父の父(曾祖父)。
明治42年(1909)頃。丁度100年前だ。
立ち襟のクレリックシャツがかっこいい。
ダブルのベストにシングルのジャケットという
組み合わせは初めて見た。

イケメンで役者になれとスカウトされていたそうだが、
嫌がってならなかったそうだ。
この二人の綺麗な鼻筋が継承されることは無かった(泣)

07192009225.jpg

同じく源兵衛さん。明治42年(1909)の表記がある。
ウラジオストクにて。後ろにいるのはロシア人。
横は中国人だろうか。

貿易の仕事をしていたそうだ。
なんだか今より国際的に見える。
ちょうど100年前のこの写真を見習って、
世界的な視野で生きていきたいですね。




スポンサーサイト
00:17 | 日記
comment(10)     trackback(0)

 サイゴンが楽しすぎる件について。

現在、オーストラリアの友人の家に滞在させてもらっている。

オーストラリアの話はあとにして、ストップオーバーでベトナムに4日間滞在したときのことを先に書く。
あまりに強烈で書かずにはいられないのだ。

サイゴンにあったのものは混沌であった。
24時間鳴りやまない轟音、何処までも続くバイクの波。
街中がエネルギーに満ちあふれている。

運転ももむちゃくちゃ。反対側の車線からの右左折は朝飯前。
直進車に突入して曲がるの一般的。
信号のない横断歩道では車の中に突っ込むようにして渡る。
これについてははまたあとで!

100_0453_convert_20090308191040.jpg湧いてます


100_0449_convert_20090308193130.jpg後ろから。運転もめちゃくちゃ。でもちゃんと指をブレーキレバーにかけながら乗ってる人が結構多くて感心。あ、危険だからか。

一方で高級ホテルや政府関係のあるドンコイ地区は、
フランスの影響なのかとても綺麗。日本の一般的な中心街よりもずっと趣がある。
100_0507_convert_20090308192540.jpg


01:00 | 日記
comment(1)     trackback(0)

 論文の季節

いよいよ修士論文提出の季節である。

取材等でネタは集まったが、まだ紙に落とし込めていない。
先生曰く、自分はかなり出遅れているとのことだ。
ブログを書いている暇があったら論文を書けという話である…

20:58 | 日記
comment(0)     trackback(0)

 服の寿命

服の寿命とはどの時点を指すのだろうか。
上着やパンツといったものをぼろぼろになるまで
着倒すことはそうそうないだろう。
そうした衣類の多くは週に一度、
あるいは月に1、2回の出番だ。

これらはデザインされたものなので、
トレンドが変わると時代遅れになり、
出場機会はほぼ無くなる。
つまり、時代遅れになった瞬間が寿命といえるだろう。
押し入れに入れておくぐらいなら、
発展途上国で第二の人生を歩んでもらったほうが得策である。
この辺の決断力にはかなり自信がある。

しかし…下着・部屋着やド定番商品はどこで捨てたらいいのだろう。
5年も使用しているのにまったくへたらない、
ヘインズのフラッグシップ(といっても1000円ちょっと)TシャツBEEFY。
高校生のときに父親に買ってもらったラルフローレンのラガーシャツ。
10年くらい前に処分品になってて990円で買った無印のパーカー。

どれも一向に痛まないし、デザインも普遍的すぎる。
陳腐化しないから使用し続ける。引退させる理由がない。
ブリーフはさすがに2年くらい使うと風合いが無くなるから、
使えそうでも捨ててはいる。しかし他は不老不死の命を与えられているかのようだ。

そういえば友人K(30)はつい最近も中学時代に買ったパーカーを部屋着として着ていた。
彼は10年前、我々が大学生の頃も部屋で同じ格好をしていた。

寿命がないというのは、幕引きがないということだ。
終わりがないから、次もない。ゾンビ化している衣類を見て、絶望的な気分になった。
しかも、まったく気が滅入らない絶望感である。

人間には寿命があるから、ストーリーとして成り立つのか。
万能細胞が実用化されて、肉体のあらゆる部分をリペアできるようになって、
寿命を克服した瞬間に、歴史はただの記録になるんだろうなあ。





04:01 | 日記
comment(4)     trackback(0)

 iPHONE 3Gでなにが変わるのか

iPHONEが7月11日に発売される。
ショップではもう予約を受け付けており、
もう予定数に達して終了した店もあるそうだ。

アメリカでの値段が199ドルなので、
日本でも2万円前後になると言われている。
これは従来の端末の半額以下だ。

スマートフォンが2万だ。
これはとんでもないことだ。
もっととんでもないのは
スマートフォンが何かよくわかってない人たちが
大量にオーナーになり、世界隅々にスマートフォンが行き渡ることである。

電話機にスカイプやらゲームボーイのエミュレータ、
カーナビソフトなんかをいれて機能が無限に広がるのを、
みんな買ってしばらくして知るんだろうな。

今まで少ないパイを取り合ってた国内メーカーはどうなるんだろう。
iPHONEの2万円という価格はおそらくiTuneでの儲けを見越した
設定だろうから、同じ価格設定は不可能だ。

いやーとうとう黒船が来てしまったね!
ウィルコムやイーモバイルの存在価値がほとんど無くなってしまう。
20:08 | 日記
comment(0)     trackback(0)

 大英帝国の底力

080120disintegrator.jpg


http://www.gizmodo.jp/2008/01/36disintegrator.html

に、288連装の輪ゴムマシンガン…。

こうした人材を擁するところに、
いち早く近代化をとげ、成熟社会を実現させた
大英帝国の強さを感じますねぇ。
こんな友達ほしぃ…ていうかいたわ(笑)

動画は必見です。
03:03 | 日記
comment(0)     trackback(0)

 ホンダの歴史

http://world.honda.com/message/impossibledreams/cm/index.html

うーん、実にいいCMだ。
選曲もいい。名車がいっぱい出てくる。
60年代のF1マシンの音は気持ちいいですね!

ただし、現在の同社の製品は二輪も四輪もつまらないと思います。
夢をもう一度…あ、自動車に夢が無くなったからロボットへ行ったのか。
下のリンクはアートアニメのCM。こちらも素晴らしい!

http://world.honda.com/ThePowerofDreams/cap/video-110/

04:38 | 日記
comment(3)     trackback(0)

 28歳の新卒クン

今年の春からビジネススクールに通っている。

肩書き上は「大学院修士1年」。
学部3年と同じくインターンシップに応募することが出来るので、
何件かエントリーしてみたところ、
(テキトーに書いても!)書類審査は結構通る。

某広告代理店のインターンシップ面接で、
私はこんな質問を投げかけてみた。

「私は社会人を2年ほど経験してから大学院に通っていますが、
採用試験の際はどの枠の扱いになるんでしょうか」

で、その答えは「新卒」というものであった。
就業期間が2~3年の人向けの第二新卒枠は、
就業中かつ26歳までの年齢制限つき、
既卒枠は卒業して就業していない人向けということだった。

その会社では新卒枠に年齢制限は無いそうだ。
第二新卒が26歳までなのにちょっと変な気がするが。

あとは卒業前後に中途枠を狙って集中的に就職活動するかである。

そんなわけで新卒枠で目いっぱい筆記試験やら面接の経験値をつけ、
内定もらえたらもうけもの、駄目なら最後に中途枠で戦うという
方針に決定した。

昨今の売り手市場ってすごいねぇ。
あのころは…きつかったよなぁ。同年代の諸氏よ。
14:54 | 日記
comment(3)     trackback(0)

 イタリヤ人の女子高生と

…さっき友達になりました。

どうやって合コンにもちこんだらいいんだろう(笑)
何せ、ミラノに住んでるからな。

soulse○k という音楽共有ソフトがあるんだけど、
おれのコレクションを気に入ってくれたみたいで、
声を掛けてきた。

日本で一番海外に一番近いのは自宅のデスクトップかもしれないね。






07:05 | 日記
comment(4)     trackback(0)

 長編:オトナの水鉄砲

gun.jpg


幼いころ、誰でも一度は水鉄砲で撃ち合いをしたことがあるだろう。相手の撃った水をよけて相手に水をかける。水をかけられたときの悔しさと、自分が当てたときの喜び。このシンプル極まりない遊びを極度に洗練させていくとどうなるか?

答えはサバイバルゲームである。
20年以上ぶりに自分の意思で朝5時半に起床して、私はこの初陣に臨んだ。

…そして、私は初陣のアムロ・レイ並みの戦果…ではなく興奮状態に陥った。

そのゲームはフィールドにある巨大な池を迂回して相手の背後に回りこむという大胆な作戦であった。

開始の笛が鳴る!
左へ向かって全力で走れ!
ああ、「全力疾走」とはどういったものであっただろうか。
中3のスポーツテスト以来必死で走る機会などなかった。
もはや、「全力疾走」のプログラムは私の脳から完全アンインストール済みである。
しかし!まさにこの瞬間見事に強制再インストールが完了したのであった。

シュンッ、シュンッと対岸の兵が放った無数の弾丸が頬をかすめる。
うおお!やばい、死ぬ!
あの数メートル先の塀で身を隠すぞ。
塀に向かって飛び込むEdoFunk。
対岸の兵は何人だ?
30メートル以上離れている数人の対岸の兵の頭は、自分のへそゴマより小さく見える。しかしそこからシュンシュンと雨あられのような射撃が!

俺だって!俺だってーっ!
写真を撮るときに磨いた、手ぶれ防止技を駆使して私は撃ちまくる!
…そう、1/8秒シャッターを切るときのような安定感で。
当たれェェ~~!

…?相手の攻撃が止んだ。やったか?やったのか?
一人のへそゴマが両手を挙げながら立ち上がって退場していく。
…やっ…た!

調子に乗って前進するEdo。
「Edo、気を付けろ!手前の左側の塀に一人いるぞ!」
味方が後方から警告してくれた。その味方の突撃にあわせて援護射撃をすることにした。よし、行くぞ!

…ん?弾が出ない、弾切れだ!
むなしくポンプの音だけが空に響く。
そう、私の戦いは終わったのだ。
この世界では弾切れは死に等しい。
私は戦場を後にした。

ほかにもドラえもんの空気砲みたいな銃をもったおじさん(すぐやられていました)とか、6000発の弾丸を装填している銃をもったおじさんなど、面白いものが沢山見れました。意外なことに女性も数名いました。いやあ、おもちゃの銃で撃ち合うのは楽しい!
23:01 | 日記
comment(3)     trackback(0)
| HOME | next
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。