スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告
-    -

 カルチャー系雑誌文化の終わり

今年になって、エスクァイアとスタジオボイスという、
自分の10代後半から20代前半に大きな影響を及ぼした雑誌が休刊になった。
広告収入の減少が原因だそうだ。広告に頼り切って実売が大したことなかったのだろう。

自分が多くの情報をこれらの雑誌から仕入れたとはいえ、
両誌をを読んでいる人にほとんど出くわしたことがない。

エスクァイアをみると、
自分は美術と音楽とデザイン批評とコーヒーと甘い物が好きなので(全て特集済み)、
こうした雑誌の申し子かもしれないが、
こういう趣味の組み合わせの人間には出会ったことがない。

こうした雑誌に載ってるのは高級品と高級リゾートと高級レストランの情報が中心。
それらの間を埋めるようにアートやコーヒーとかスイーツとかはやり物の特集をはさんでいた。
実際には美術や音楽が好きな人は収入の大半をそうしたものにつぎ込み、
食べ物にはあまり予算を投入できていないひとがほとんどだ。
逆も同じではないだろうか。
年齢とともに収入が上がれば両立可能だが、
その年齢に達するまえにその雑誌に飽きてしまうだろう。
かくして自分も収入が上昇するまえにこの雑誌で欲望をかき立てられることに飽きてしまった。

今「暮らしの手帖」が売上げを延ばしているという。
暮らしに根ざした、実用性のある雑誌の時代がずっと前に始まっていたのかもしれない。
そういえば女性向け雑誌でも「小悪魔ageha」みたいな実用的雑誌が幅を効かせている。

雑誌で夢とかあこがれのライフスタイルを売る時代はとっくに終わっていて、
広告がそれを延命させていただけなのだ。

自分は今すぐに役に立たない夢みたいな情報が大好きだ。
将来こんなバッグが欲しいとか、こういう生活がしたいとか、そういったことに限らず、
新しい技術、人々の生活を変えるかもしれないような新サービスの情報もだ。

だが、未来の情報を集めるという行為は懐古趣味的だと思っている。
自分は広告で延命された尖った情報を摂取して生き延びていたアナクロ人間なのだ。
このアナクロ作戦が吉と出るか凶と出るかはもう何年かしてみないとわからないなぁ…


スポンサーサイト
01:46 | 未分類
comment(2)     trackback(0)

 EdoFunk、市長になる

funkham.jpg


この度、市長に就任いたしました。
まだ人口は2人でございます。
市長と言っても、権限は何もございません。
ただ、自分の街を宣伝するだけなのです。

このサイトを閲覧すると、もうあなたはこの街の住人。
人口が1人増えます。
皆さんがいろいろな場所にこの町へのリンクを貼って、
新しい人が来れば街がどんどん発展します。

街が大きくなってくると、貼れるリンクが複数から選べるようになります。
工業を発展させるリンク、交通を発達させるリンク、
住人のあなたが街の方向性を指し示すのです。

http://edofunkham.myminicity.com/
00:43 | 未分類
comment(2)     trackback(0)

 バトン

珍しくバトンが回ってきたのでやってみよう。
自己分析のいい機会だ。

========================

Q1無条件でトキメク○○な人を3人

「無条件」ってのはファーストインパクトって意味かな?

①眼が綺麗で、でもちょっとこわもて気味な人。
②スラッとした足で颯爽と歩く人。
③声に艶がある人。

Q2無条件で嫌いな○○を3つ(ジャンルはどんなものでも)

①ネガティブな人。
②かつて美しい建物があったところにプアな新築物件を見たとき。
③電車から降りようとしている私を押しのけて乗り込もうとする愚民ども。

Q3無条件でお金をかけられる○○を5つ

①デザイン、美術、建築などに関する資料
②音楽
③スーツ廻り一式
④デート代
⑤食べ物

Q4無条件で好きな○○を3つ(どんなものでも‥)

①ジャガーEタイプ
②神保町
③自分でつくったカプチーノ

Q5無条件でバトンを受け取らせる5人。
egorhythm氏
マーズ氏
ヒッピー氏
今村氏
のぞみちゃん氏

========================

なんか周りがバトンだらけになってるので気が向いたら書いてね。

02:11 | 未分類
comment(3)     trackback(0)

 足跡帖

足跡帖です。

立ち寄ったついでに一言どーぞ。
00:00 | 未分類
comment(2)     trackback(0)
| HOME |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。