スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告
-    -

 イケメンなご先祖様

先日、父方の祖父の家にお邪魔したときに、
ご先祖様の写真をみせてもらった。
もっとも古い物で明治22年(1889)と書いてある。
結構新しいもの好きだったようだ。

07192009226.jpg

上の写真は次郎吉さん。祖父の祖父。明治40年頃。
歌舞伎にも出たことがあるとか。
仕立てのいいコートの上にマントらしきものを羽織っている。
都会的なスタイルだ。

先祖は大阪の心斎橋に住んでいた。
戦前は大阪も東京に負けない繁栄ぶりだったが、
服装にも都市文化の繁栄ぶりがうかがえる。

上部が破れているのは、空襲のときに祖父が大事な写真だけはがして
持って逃げようとしたが、失敗したからだそうだ。

07192009228.jpg

源兵衛さん。祖父の父(曾祖父)。
明治42年(1909)頃。丁度100年前だ。
立ち襟のクレリックシャツがかっこいい。
ダブルのベストにシングルのジャケットという
組み合わせは初めて見た。

イケメンで役者になれとスカウトされていたそうだが、
嫌がってならなかったそうだ。
この二人の綺麗な鼻筋が継承されることは無かった(泣)

07192009225.jpg

同じく源兵衛さん。明治42年(1909)の表記がある。
ウラジオストクにて。後ろにいるのはロシア人。
横は中国人だろうか。

貿易の仕事をしていたそうだ。
なんだか今より国際的に見える。
ちょうど100年前のこの写真を見習って、
世界的な視野で生きていきたいですね。




スポンサーサイト
00:17 | 日記
comment(10)     trackback(0)

 カルチャー系雑誌文化の終わり

今年になって、エスクァイアとスタジオボイスという、
自分の10代後半から20代前半に大きな影響を及ぼした雑誌が休刊になった。
広告収入の減少が原因だそうだ。広告に頼り切って実売が大したことなかったのだろう。

自分が多くの情報をこれらの雑誌から仕入れたとはいえ、
両誌をを読んでいる人にほとんど出くわしたことがない。

エスクァイアをみると、
自分は美術と音楽とデザイン批評とコーヒーと甘い物が好きなので(全て特集済み)、
こうした雑誌の申し子かもしれないが、
こういう趣味の組み合わせの人間には出会ったことがない。

こうした雑誌に載ってるのは高級品と高級リゾートと高級レストランの情報が中心。
それらの間を埋めるようにアートやコーヒーとかスイーツとかはやり物の特集をはさんでいた。
実際には美術や音楽が好きな人は収入の大半をそうしたものにつぎ込み、
食べ物にはあまり予算を投入できていないひとがほとんどだ。
逆も同じではないだろうか。
年齢とともに収入が上がれば両立可能だが、
その年齢に達するまえにその雑誌に飽きてしまうだろう。
かくして自分も収入が上昇するまえにこの雑誌で欲望をかき立てられることに飽きてしまった。

今「暮らしの手帖」が売上げを延ばしているという。
暮らしに根ざした、実用性のある雑誌の時代がずっと前に始まっていたのかもしれない。
そういえば女性向け雑誌でも「小悪魔ageha」みたいな実用的雑誌が幅を効かせている。

雑誌で夢とかあこがれのライフスタイルを売る時代はとっくに終わっていて、
広告がそれを延命させていただけなのだ。

自分は今すぐに役に立たない夢みたいな情報が大好きだ。
将来こんなバッグが欲しいとか、こういう生活がしたいとか、そういったことに限らず、
新しい技術、人々の生活を変えるかもしれないような新サービスの情報もだ。

だが、未来の情報を集めるという行為は懐古趣味的だと思っている。
自分は広告で延命された尖った情報を摂取して生き延びていたアナクロ人間なのだ。
このアナクロ作戦が吉と出るか凶と出るかはもう何年かしてみないとわからないなぁ…


01:46 | 未分類
comment(2)     trackback(0)

 森進一を「発見」



森進一といえば、自分の物心がついた頃には脂がのっていて、
別になんとも思ってなかったが、この紅白の歌唱はびっくり。

歌に取り憑かれたような鬼気迫る迫力がある。
当時21歳だそうです。ある意味ハードコアよりハードだと思う。
いやぁーそれにしても凄い。何回もみた。
01:29 | これはオススメ
comment(1)     trackback(0)

 オーストラリアの回想記

そもそもなぜメルボルンに3週間近くも行こうと思ったのか、
という質問を受けることが多かった今回の旅行。

理由は将来メルボルンに住んでみたいと思っていたからだ。
僕は世界中から様々な人が集まって住んでいる都市にずっと住みたいと思っていた。
多民族国家というとアメリカがまず思い浮かぶが、なぜメルボルンなのか。

大きな魅力としては、まず町並み。19世紀のヴィクトリア時代の面影が色濃く残っている。
そこにアールデコやモダニズム、最近のバブル建築が重層的に積み重なり、
質の高い町並みを形成しているのだ。

都市計画としても素晴らしい。CBD(中心ビジネス街)を取り囲むように、
緑地帯が配置されており、街のシンボルとも言えるヤラ川沿いには広大な植物園がある。
人口400万人の大都会でありながら、都心部から10分も歩けばそこは緑の空間なのだ。
19世紀当時の最先端の都市計画の実現例といえるだろう。

そうした緑地帯を囲むように、イタリア人が多いエリア(カールトン)、
スペイン人が多いエリア(フィッツロイ)、スノッブな人々が住むエリア(サウス・ヤラ)、
ビーチ際のエリア(セント・キルダ)、ヨットハーバーのある街(ウィリアムズ・タウン)など、
特色のあるエリアが散らばっている。もちろんそれぞれのエリアにはそれぞれの文化があって、
各々のルーツにちなんだレストランや雑貨店、洋品店が建ち並ぶ。

イタリア料理・フレンチ・中華はもちろん、ポーランド料理やエスニックなものも充実し、
いずれもレベルが高い。ケアンズやブリズベンなどとは違い、南オーストラリアはグルメ都市なのである。
実際に数多くの店に食べにつれてもらったが、
いずれも美味しく、「どうやって見つけたの?」と聞くと
「適当に入ってみた」という。東京ではあり得ないことだ。

大都会ながら、緑やビーチ、ヨットハーバーがすぐ近くにあり、
リラックスしたムード。
物価も日本より2割ぐらい安いが、一人あたりGDPは日本より上。
様々な文化が交錯し、高い生活水準を誇りながらも、
ゆったりとした雰囲気を醸し出すメルボルンの街は、
自分にとって最高の居住地だと踏んだのだ。

今回の旅行では大好きな「コーヒー屋」に的を絞って、
徹底的に調査した。その話はまた今度。

100_0583.jpg
古典主義・モダニズム・ゴシック・ヤシの木・路面電車・トヨタ車。見事にまとまっています


日本では皇居の周りにしか無いような環境が街中そこかしこにある。
こうした地区でも不動産屋を見ると、3LDKのマンションなら5000万しなかったので、値打ちがあると思います。

100_0560.jpg
滞在させてもらった友人のアパートと…

100_0559.jpg
そのお隣さん!ちゃんと人が住んでいるそうです。
00:27 | レポート
comment(0)     trackback(0)

 ベトナム回想記

3月にベトナム・オーストラリアと旅行して、帰国後MBAコースも無事修了し、
4月から社会復帰した。バタバタしているうちに、もうすぐ梅雨というところまできてしまった。

しかし、今でも一瞬目を閉じればサイゴンのあの雑踏とモーターバイクの轟音が蘇る。
轟音と言っても一台一台がうるさいわけではない。全てノーマルの静かなバイクだ。
最新の静かなバイクの排気音が何百台、何千台と重層的にかさなり、
あの分厚い轟音を作り出しているのだ。その音は24時間途絶えることがない、都市の鼓動なのだ。

植民地時代から受け継ぐ美しい町並み、美味しい料理、町中に漂うポジティブなムード。
完全にハマってしまったと言って差し支えない。

実はオーストラリアからの帰り道でも、ホーチミンの街に繰り出してしまった。
オーストラリアからの帰り道はホーチミン経由で帰ることになっていたので、
ホーチミン空港で乗り換え待ちをするはずだった。
ストップオーバーは1回のみのチケットだったのだが、
空港の職員が「出たい?出たかったらでてもいいよ」
と申し出てくれたので、巨大トランクを飛行機にあずけたまま、
街に繰り出すことができた。

もうしばらくサイゴンには来られないと思っていたので嬉しくてたまらなかった。
今度はタクシーではなく、現地人が利用する市バスで中心街へ行くことにした。
タクシーなら700円するところだが、市バスなら20円で行くことが出来るのだ。
市民劇場のハイランド・コーヒー(地元のコーヒーチェーン)で
美味しいベトナムコーヒーと軽食をとり、最後の夜を一人満喫した。

ああ、愛しのサイゴン!おれはまたここに帰ってくるぞ

…と誓ったのであった。

ハイランドコーヒーでの最後の夜

01:27 | これはオススメ
comment(4)     trackback(0)

 サイゴンが楽しすぎる件について。

現在、オーストラリアの友人の家に滞在させてもらっている。

オーストラリアの話はあとにして、ストップオーバーでベトナムに4日間滞在したときのことを先に書く。
あまりに強烈で書かずにはいられないのだ。

サイゴンにあったのものは混沌であった。
24時間鳴りやまない轟音、何処までも続くバイクの波。
街中がエネルギーに満ちあふれている。

運転ももむちゃくちゃ。反対側の車線からの右左折は朝飯前。
直進車に突入して曲がるの一般的。
信号のない横断歩道では車の中に突っ込むようにして渡る。
これについてははまたあとで!

100_0453_convert_20090308191040.jpg湧いてます


100_0449_convert_20090308193130.jpg後ろから。運転もめちゃくちゃ。でもちゃんと指をブレーキレバーにかけながら乗ってる人が結構多くて感心。あ、危険だからか。

一方で高級ホテルや政府関係のあるドンコイ地区は、
フランスの影響なのかとても綺麗。日本の一般的な中心街よりもずっと趣がある。
100_0507_convert_20090308192540.jpg


01:00 | 日記
comment(1)     trackback(0)

 デイビッドソンに門前払いをくらう

P1000005.jpg
脚が伸びきって格好悪い…(ナイトロッド)
p02_2_photo07_l.jpg
長すぎる脚を折り曲げて乗るのが格好よさそう(写真はカカクコムのもの)


せっかく大型二輪の免許を取ったので、
大型二輪バイクの象徴的存在であるハーレーの試乗会に行ってきました。

乗ったのはスポーツスターの1200と、ナイトロッド。

最初に乗ったスポーツスターは、
低回転のトルクが強くモリモリ押し出す加速がすごく楽しい。
乗車姿勢も定番の殿様ポジションで楽ちんであった。
重心が低いので取り回しも簡単で、身長150センチ代の女性でも乗れそうだ。
エンジンサウンドもドコドコと心地よく、よく調律されている。
ノーマルだけどなかなか骨のある音だと感じた。
カーブはさすがに曲がりにくかったです。
信号で停車するたびに気持ちのいいドコドコ加速が楽しめるので、
赤信号に当たってもいやな気分にならない。
公道という環境をポジティブにとらえることが出来る、良いバイクだと思った。

続いてフラッグシップのナイトロッド(約1250cc)(写真)。
低い車高、前後にワイドに広がった車体は、
サイバーな未来的デザインでまとめられており、見るからに風格がある。
このバイクには上半身を前にかがめながらも、
足を前に放り出すという独特の乗車姿勢が要求される。
またがってみると通常の姿勢で足が伸びきってしまった。

身長165センチ(起床時)、アジア人の中でも短足である日本人の
平均的な脚の短さであるEdoFunkの脚は皮肉にも
このフラッグシップモデルに門前払いをくらってしまった。
まあ、格好悪いのを気にしなければ運転は簡単なのでとりあえず出走。

まず感じたのは加速の特性がスポーツスターと全然違うこと。
エンジンは高回転型のエンジンが搭載されていて、
低回転時のトルクはそんなに強くない。
そのおかげで、発進時のクラッチのつながりはマイルドになり、
スポーツスターより気楽に発進できる。
エンジンブレーキもマイルドなので、1速のまま走っていても
ギクシャクしないのには驚いた。
1速でなんと100キロも出るそうだ。

このバイクのエンジン音もかなりいい。
ドコドコという古典的なV型エンジンの音と振動に、
キュイーーーンという近代的なスポーツ車の音が共鳴して、
サイバーな雰囲気を醸し出している。
回転数に応じて共鳴音の周波数が変化し、実に心地良い音だ。
なんでもポルシェが開発にかかわったとか。
このサイバー具合はドイツ人の仕業かな?

ただし、交差点は曲がりにくい。リヤタイヤの幅が24センチもあるからだろう。
でも、このワイドタイヤが後ろからみるととびきり格好良いので許せてしまう。
北海道のように直線がずっと続く道をひたすら走り続けてみたいバイクである。
身長が180センチ以上あって、胴長でない人がこのバイクにまたがれば、
間違いなく映えると思う。乗る人を選ぶバイクだ。

02:44 | レポート
comment(2)     trackback(0)

 円パワー炸裂中!

…ついにこのときがやってきた。
日本円復活の日である。

今日時点での為替レートは、
1ユーロ120円、1ポンド133円。
わずか1年数ヶ月前、ユーロは160円でポンドは250円(!)であった。

この数年というもの、
ゼロ金利政策による円安で、製造業の業績は回復、
給料は5%くらいは上がった。
しかし、輸入品が30%~50%も値上がりしてしまい、
欲しい服を買うのが困難になってしまっていた。
円安で得をするのはグローバル輸出企業ばかりで、
生活者に好景気の実感が無かったという、まさに典型例であった。

そこへ今回のポンド安。1年半で約半額の大暴落である。
しかし、もともとポンドが高すぎたと思う。

2003年にロンドンを旅行したとき、
サイゼリヤみたいなパスタが8ポンドもしててげんなりした。
当時の日本円にして1500円という価格である。
近年では地下鉄の初乗りが600円になるというニュースで話題にもなった。
しかし、彼らの初任給は我々の倍である。1500円のパスタを彼らは易々と平らげる。
したがって通貨であるポンドが高すぎたのだ。

現在、ロンドンにはヨーロッパ大陸から買い物客が押し寄せているという。
僕自身もその一群に混じって、参戦してきた。
…もちろん、インターネット経由である。

日本の定価が6万円のコートなら、2万5千円…。
自分のサイズは小さいので、
ボーイズサイズで1万ちょっとのを注文した。
しかも送料無料であった!大英帝国最高。
もし、今収入があって年末にボーナスなど出ていようものなら、
やばいことになっていた。

お小遣いのある人は、イギリスのネット通販に初詣に行くことをお薦めします!

Barbour Classic Beaufort - A830 Olive 5
6万が2万5千円!ヨーロッパ戦線が熱い





01:44 | レポート
comment(0)     trackback(0)

 論文の季節

いよいよ修士論文提出の季節である。

取材等でネタは集まったが、まだ紙に落とし込めていない。
先生曰く、自分はかなり出遅れているとのことだ。
ブログを書いている暇があったら論文を書けという話である…

20:58 | 日記
comment(0)     trackback(0)

 大型ライダー誕生

futa.jpg
ちょっとコルビュジェ風の二俣川試験場


「2回目で取る」と宣言したまま雲隠れしておりましたが、
ついに本日、大型二輪免許を取得しました。
なんと6回も挑戦する羽目になりました。
寒くなる前どころか、街ではクリスマスソングが流れています。

6回も受験した理由は、練習代をケチったからです。
練習代は三ツ境自動車学校なら1コマ50分で初回8800円(保険料がかかる)・2回目以降6600円。

受験前に三ツ境で一回習って、これはいけるぞと2回受験したら
緊張で全然上手く乗れませんでした。
そこで府中にある杉本バイク練習所(閉鎖予定)で4200円払って自由練習を40分行い、
苦手な低速域での安定性を高めました。つまり合計2回の練習しかしていません。
しかし、「そこそこ乗れている」というレベルでは、
初見のコースを何十回という安全確認をしながらキビキビと走り回るのは不可能でした。

結局、練習回数と合格までの受験回数はトレードオフの関係にあるような気がしました。
重要なのは必要経費の総額です。受験回数ではありません。
練習を4回やれば3回で合格できたかもしれません。しかし必要経費は大差ありません。
今回は合格までに39000円かかりましたが、
練習4回・受験3回の場合でも3万数千円かかってしまいます。
三ツ境で10回程度練習した人の平均が3回で合格らしいので、まあ御の字かもしれません。

都内で一番安い公認教習所だと77000円(中免所持)で免許が取れます。
都内の平均価格は10~12万程度なのを考えると、
試験場で取ったことで資金をかなり節約することができたと思います。

また、試験場のメリットとして、この上ない緊張感が味わえることがあげられます。
緊張の中で自分をどうコントロールするかというトレーニングは教習所ではできません。
この体験は自分にとって大きな財産になりました。

せっかく免許をとったものの、バイクを買うだけのお金がないので、
当分はディーラーを回って試乗車人生を歩みたいと思います。
四輪の話になりますが、先日ビルの一階に展示されているシトロエンの展示車を眺めていたら、
営業マンの人が「お乗りになりますか?」とすぐに地下の駐車場へ案内してくれ、
ピカピカのC5で青山の街を試乗させてくれました。
ドカティやハーレーのショップにも行きましたが、どこの店もとても対応が丁寧です。

不景気で自動車業界も大変そうな感じですが、
客が少ないということはそれだけ店の方とじっくり話すチャンスが増えるということです。これを機会に信頼できるショップを探したいと思います。




02:47 | モーターサイクル
comment(6)     trackback(0)
| HOME | next
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。